本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

トピックスTopic

一般用医薬品(大衆薬)の販売制度が変わりました!

薬の絵薬事法の改正で、一般用医薬品の販売の方法が変わりました。

一般用医薬品の危険性(リスク)に応じて3段階に分けられ、そのリスクにそくした販売方法やお薬の説明がされるようになります。
また、病気やアレルギーによって服用してはいけない薬などがある消費者の方もいらっしゃるため、情報をしっかり伝え薬の被害を防止する目的があります。

◎第一類医薬品(販売者:薬剤師のみ)
投薬口の男性の絵リスクの高い第一類医薬品(指定された成分を含有する医薬品)
胃薬のH2ブロッカー<ガスタ−10等>、一部の水虫薬や風邪薬、毛髪剤、しみ改善薬、禁煙補助剤などは、薬剤師がカウンター越しに薬を手にとって説明し消費者に文書で情報を提供することになりました。
併用している薬やサプリメントのチェックや必要と判断した事項などを薬剤師が説明し、相談にも応じます。現在服用しているお薬が記載されているお薬手帳をご活用いただくと便利です。
陳列方法も消費者の手が届かない場所に配置されます。
医薬品の外箱に第一類医薬品と表示されます。

服薬指導風景の絵◎第二類医薬品
次にリスクのある医薬品(鎮痛剤、胃腸薬、風邪薬など)
薬剤師または登録販売者の資格を有する者が管理のもと販売し、文書で情報を伝えるよう努力いたします。
医薬品の外箱に第二類医薬品と表示されます。      

◎第三類医薬品
比較的リスクの低い医薬品(ビタミン剤、整腸剤など)
薬剤師または登録販売者の管理のもと販売いたします。
医薬品の外箱に第三類医薬品と表示されます。

乳棒と乳鉢の絵また、一般用医薬品とは別に薬局が独自に製造し直接消費者の方に販売する薬局製剤があります。今後、完誠堂薬局グループは薬局製剤に取り組んでいく準備をいたしております。どうぞ御期待ください。

文責 井上信子


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717