本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

むずむず脚症候群をご存知ですか?

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群:RLS)は脚の奥のほうに不快な感覚が表れ、じっとしていると脚がむずむずしてきて、脚を動かさずにはいられなくなるという神経系の疾患です。


むずむず脚症候群の症状と表れ方には次の4つの特徴があります。
四肢、主に下肢に不快な感覚(「火照る」「虫が這う」「痛い」「かゆい」など)が表れその感覚は脚の奥の補うに感じ、脚を動かしたいという強い欲求にかられます。 症状は座っている時や横になっているなど安静時に現れたり、強まったりします。
じっとしていても仕事や趣味に集中している時には症状が表れにくいことが分かっています。 脚を動かしたり、さすったりすることで症状は軽くなったり消えたりします。 症状は日中より夕方から夜間にかけて現れたり、強まったりします。夜寝るときに現れやすいため不眠の原因となり、日常生活にも影響することがあります。


原因は? 脚ではなく、実は神経に関連した病気と考えられています。
遺伝性、鉄の欠乏、脳内のドパミンの機能障害、腎不全(透析)やパーキンソン病などの病気、さまざまな薬剤の服用などが原因となることもあります。


布団の中で眠れずにじっとしている女性弊害は? むずむず脚症候群の患者さんは脚の不快感で、なかなか寝付けなかったり、寝てもすぐ目が覚めてしまったり、深い睡眠がとれずに睡眠の質も悪くなります。そのため日中の眠気や疲労感、集中力の低下につながり日常生活にさまざまな影響をきたします。精神的にも悪影響がおよび、不安障害、うつ病の発症リスクも増大することが分かっています。
また、交感神経の活動が活発になっているため、血圧が高くなったり脈拍が増える傾向があり、心臓や脳血管に関する病気の発症リスクも高まることが指摘されています。


診察については? 眠専門医や睡眠障害を診ている精神科・神経内科を受診しましょう。
症状がまぎらわしい他の疾患があります、鑑別の為にも専門医の診断を受けましょう。
生活習慣の見直しや工夫で症状が軽減することもあります。原因疾患の治療、原因薬物の減量や切り替えも有効とされています。
レストレスレッグス症候群治療薬も発売されています。


むずむず脚症候群の症状は適切な治療で充分な改善が期待できます。お悩みの方は専門医にご相談ください。

文責 市川頼子


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717