本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

新しいU型糖尿病注射薬について

小腸の中のGLP−1受容体以前、インクレチンというホルモン(インスリン追加分泌を促すホルモン)の分解を抑える飲み薬についてご紹介しました。今回は、インクレチンと同じはたらきをする薬についてお話します。
インクレチンはどのようなメカニズムで働くのでしょうか?インクレチンは小腸から分泌されますが、血糖値が高い時だけ働くホルモンです。糖尿病の方はインクレチンの分泌量が少ないので、その分解を抑えることで、血糖値を下げることが期待できます。これが前回ご紹介した飲み薬です。今回ご紹介する注射薬はインクレチンの1種であるGLP-1と同じ働きをするように作られた薬です。GLP-1が結合する部分(受容体といいます)に結合することで、血糖値を下げるように働きます。


GLP-1受容体作動薬(現在、2種類)
 リラグルチド(1日1回注射):単独注射可能
 エキセナチド(1日2回注射):SU剤との併用が基本    

<特徴>
1.インスリンを外から補う薬ではないので、1型糖尿病の方は使ってはいけません。
2.高血糖に応じて、インスリンが追加して出されるので、低血糖を起こしにくい(利点)薬です。
3.インスリンを出す膵臓を保護する作用があります。
4.食欲が抑えられます。(胃の中にある食べ物の排出を遅らせて血糖値の上昇を抑える働きがあります)体重増加を防ぐことが出来る反面、胃の不快感・便秘・下痢・腹痛などが起こる可能性があります。  

<注意して頂きたいこと>
ペン型注射これらの注射薬は使い方が異なりますので、必ず医師の指示を守ってください。
基本は食事療法と運動療法ですので、こちらも医師の指示通り続けてください。

文責 伊藤いづみ


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717