本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

咳について

ゴホンゴホンと男性がマスクをつけている咳の原因には日頃経験することの多い風邪以外にも様々なものがあります。

呼吸器疾患の種類
一番多いのは急性上気道炎(いわゆる風邪)でしょう。くしゃみ、鼻水や発熱、のどの痛みとともに咳がでて数日から数週間以内で自然に治まり、かつ全身状態が良好なら風邪による咳の可能性が高くそれほど心配はいりません。しかし咳が3週間以上続いたり、短い経過でも重篤感がある場合は肺炎や肺結核などの肺疾患の可能性も考えなければなりません。鼻、食道など呼吸器以外の臓器が原因で咳が出るケースもしばしばあります。その中で多いのはアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などにより鼻水がのどにまわり、それが刺激となって咳が続いているケースです。これは後鼻漏と呼ばれる状態で、そのために慢性の咽喉頭炎を引き起きおこしていることがあります。心臓の病気では心不全の一種である心臓喘息と呼ばれる病態があり咳を伴います。食道の病気では逆流性食道炎が長引く咳の原因となることがあります。
スギの花粉で涙と鼻水また、病気以外の原因としては、血圧降下剤の一種で、ACE阻害薬という薬を内服している場合に咳が続くことがあります。また、喫煙やのどの乾燥が咳を引き起こしているケースもしばしば遭遇します。これらの呼吸器疾患以外が原因の場合も心臓喘息などの例外を除いて胸部レントゲンでは異常を示しません。


咳の治療薬
吸入治療薬咳の治療についてですが、最初に述べたように咳は生体の防御反応ですからむやみに止めるべきではありません。しかし体力の消耗を抑えたり、他への感染を防ぐ意味では咳を抑えることも必要です。咳の原因によって当然治療法も異なってきます。呼吸器感染症の場合は去痰薬や鎮咳剤のほか、抗生物質、抗真菌薬などが用いられます。なおマイコプラズマ肺炎の場合は代表的な抗生物質が無効な場合があり注意が必要です。喘息では、気管支拡張薬や副腎皮質ステロイドを投与、最近は、それらの合剤の吸入剤を主流として使われており、効果も良いです。アレルギーが関与する場合は抗アレルギー薬も用いられます。逆流性食道炎が原因の場合は制酸剤とよばれる薬が著効を示すので、逆に制酸剤を投与してみてそれが効果を示すかどうかで診断の根拠とする場合もあります。このように通常の呼吸器疾患の治療では咳が長期に続く場合、耳鼻科や胃腸科の診察で診断がつく場合もありますので知っておくとよいでしょう。

文責 北川啓子


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717