本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

虫刺されについて

蚊取り線香イラスト高温多湿の日本の夏は、虫たちにとって絶好のコンディション。
子供たちも夏休み真っ只中、山へキャンプそして海へ。
庭にも虫が........
お昼寝をしていてもブーン〜〜〜
今回は虫さされについて取り上げてみました。


虫刺され
一口に言っても原因となる虫の種類はさまざまです。

害虫イラスト
刺して血を吸う 蚊 ノミ シラミ ブヨ アブ イエダニ
毒針で刺す ハチ類 アリ類
毒棘 イラガ類
毒針毛による ドクガ類
寄生して皮膚炎を起こす ヒゼンダニ
ダニが抗原となる ヒョウヒダニ(アトピー性皮膚炎)

同じ虫(例えば蚊)に刺されても大きく腫れる人や何ともない人など症状に個人差があるのはなぜ?

“蚊”を例にとって考えてみると

蚊イラスト
第一段階(無反応) 生まれて初めて蚊に刺されても何ら皮膚に症状があらわれない
第二段階(遅延型反応) 何回か刺された場合(主に幼児)
数時間後に赤く腫れ一週間続く
第三段階(即時型+遅延型反応) さらに何回か刺された場合(児童〜高校生)
直後赤く腫れ消えるが又数時間後腫れる
第四段階(即時型反応) さらに何回か刺された場合(成年〜壮年)
直後赤く腫れ消える
第五段階(無反応) さらに何回か刺された場合
蚊の唾液に対する免疫ができて赤くも痒くもならない

ほとんどの虫さされが上記の機序をたどることが多いです。(しかし、個人差がかなりあります)
同じ時に刺されても親子で症状が違う。“蚊”の多い地方の幼児は早く無症状段階になるとも言われています。
ハチの場合は初めて刺された時は痛みだけで腫れないこともありますが、多数回刺された時は血圧低下や呼吸困難など生命に危険がおよぶなど強いアレルギー症状をおこすこともあります。


治療薬(外用薬)について
一般の虫さされのお薬には次のような成分が組み合わせてあります。

(抗ヒスタミン)
塩酸ジフェンヒドラミン
マレイン酸クロルフェニラミン
痒みのもとをおさえ炎症をしずめる
(局所麻酔剤)
塩酸リドカイン
表面の痒みをすみやかにしずめる
(ステロイドホルモン)
デキサメタゾン
プレドニゾロン
痒み、炎症、皮膚炎をやわらげます
(清涼剤)
L−メントール
痒みをしずめ清涼感を与える
(殺菌剤)
塩化ベンゼトニウム
塩化ベンザルコニウム
かき傷による化膿を防ぐ

皮膚炎症イラスト症状の軽い場合は、ステロイドを含まない薬を選びますが、自覚症状や炎症の強い場合ステロイドを含む薬を選びます。
“チャドクガ”など毒針がついた時は、セロハンテープなどで取り、水で洗い流します。
“ハチ”にアンモニアは必ずしも正解ではありません。
“アリ”は蟻酸を出すのでアンモニアで中和してもよいですが、ハチ”の毒素は酸性ではないのでアンモニアは効果がないと言われています。
症状により外用剤だけでなく内服が必要になる場合もあります。発熱・ 痛みが強い、化膿してきた、患部が顔であるなど … 外用薬で改善しない時は専門医に受診しましょう。

文責 伊勢森教子


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717