本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

漢方のはなし

ドクダミの花クコやハブ茶、ゲンノショウコ、ドクダミなどを漢方薬と思っている人が案外多いようですが、これは民間薬(健康食品と医薬品に分けられる)と呼ばれるものです。
漢方は草根木皮など植物・動物・菌類・鉱物由来の天然産物(これを生薬と呼ぷ)をいくつか組み合わせて用いていて一種類のみで使用する事は殆どありません。

漢方薬には<気・血・水>という考え方があり、<気>とは形が無く働きだけがあるもの、<血>とは俗に言う「血の道症」つまり循環障害、抹消での酸素供給不全と考えられ、<水>とは水分代謝異常つまり体液の変調という意味です。こうした生薬の組み合わせによって、病人にあった漢方が決定されます。


今回は、風邪によく使われる漢方薬を紹介しましょう!

@葛根湯(かっこんとう)
風邪のひき始め、急性の炎症が体表にある時。発熱、悪寒 、首筋から両肩にかけ横に凝る肩こり、感冒時に下痢のある時

乳鉢と乳棒A麻黄湯(まおうとう)
発熱して汗が出ず、寒気がして 頭痛、腰痛や方々の関節が痛む症状の時。 インフルエンザの初期にも有効

B柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
発熱症状があり頭痛、関節痛もある時。気分がすっきりせず、胃腸や弱く、下痢気味の時

C小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
鼻水、くしゃみ、咳がよく出て、寒気を感じる時。気管支喘息、アレルギー性鼻炎にも有効

D真武湯(しんぶとう)
新陳代謝が落ちている時。身体がふらふらして腹痛や下痢をおこしている時

男性薬剤師が生薬をもってガッツポーズ

これらはほんの一部ですが、風邪は万病のもと、風邪をひかないように規則正しい生活や栄養バランスに気をつけ、無理しないように免疫力を高めて予防していきましょう。


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717