本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

U型糖尿病治療薬について

男性薬剤師が薬をひろげる糖尿病にはインスリンが全く分泌されないタイプ(T型)と、インスリンは分泌されてるが、その量が少ない又はうまく働いていないタイプ(U型)があります。生活習慣が主な原因の2型糖尿病の場合、治療の基本はあくまでも食事療法と運動療法ですが、それを1〜2ヶ月続けても、血糖値が下がりにくい場合は薬の力を借りることになります。今回はこのU型糖尿病の治療薬についてお話します。


1.α-グルコシダーゼ阻害薬(ボグリボース、アカルボース、ミグリトール)

<作用>腸内で食物をブドウ糖に分解する酵素(α-グルコシダーゼ)を阻害することにより、食後の急激な血糖値の上昇を抑える薬です。単独では低血糖を起こしにくいのが利点。(作用時間:1〜3時間位)

<対象者>食後の血糖値は高いが、空腹時血糖値があまり高くない人

食べる前に薬を服用する男性<注意すること>食事の直前にのむ事が必要。「頂きます」と言って薬を飲む!位のタイミングです。
食後や空腹時に飲んでも効果はありません。おなかの張りやガスが溜まることがあります。その時は医師にご相談ください。 また、この薬を飲んでる方が低血糖を起こした時は砂糖ではなくブドウ糖(薬局で配布)を摂るか、ポカリスエットなどブドウ糖の入ったジュースを飲んでください。


2.速効型インスリン分泌促進薬(ナテグリニド、ミチグリニド)

<作用>食後の短時間だけ膵臓からインスリンをもっと分泌するように働く薬です。膵臓を休ませながら、インスリンの分泌を自然に近い形で促すのが利点。α-グルコシダーゼ阻害薬よりも食後の高血糖を強く抑えます。(作用時間:2〜3時間位)

<対象者>食後の血糖値は高いが、HbA1cがあまり高くない人

<注意すること>食事の直前にのむ事が必要。食事を取るのが遅れると低血糖を起こすので、必ず、食事を目の前にしてから薬を飲んでください。食後や空腹時には飲まないでください。


3. スルホニル尿素剤(グリクラジド、グリベンクラミド、グリメピリド)

<作用>膵臓に長時間働きかけ、インスリンを分泌するように働く薬。グリメピリドはインスリンの働きを良くする作用もあります。

<対象者>空腹時血糖が高く、HbA1cも高い人

<注意すること>低血糖を起こすことがあります。その場合は、薬の量や種類をもう一度検討する必要があるかもしれませんので、すぐに医師にご相談ください。


4. ビグアナイド類(メトホルミン)

<作用>主に肝臓でのインスリンの効果を高め、ブドウ糖の産生を抑える薬。体重増加が少なく安価です。

<対象者>肥満があり、インスリンが働きにくい体になっている場合

<注意すること>胃腸の調子が悪くなる(乳酸アシドーシス)ことがあります。その時は受診して下さい。


5.チアゾリジン誘導体(ピオグリタゾン)

鮭と味噌汁と豆腐とご飯を食べる男性<作用>主に筋肉や脂肪組織でのインスリン受容体の機能を改善してインスリンの効果を高め、ブドウ糖の利用を盛んにする薬です。

<対象者>高度肥満があり、インスリンが働きにくい体になっている場合

<注意すること>体重増加、むくみによる心臓への負担がかかることがあるので、いつもと違う症状に気づいたら受診してください。

食事療法・運動療法を続けながら、医師の指示通りに薬を飲み、定期的に受診なさってください。

文責 伊藤いづみ


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717