本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

現代型「夏バテ」回復法

夏、汗をかきバテバテのサラリーマン現代型の夏バテは自律神経の乱れも大きな原因

昔は夏バテといえば、高温多湿による「暑さ負け」でしたが、現代型の夏バテはこれに加え、過剰な冷房による自律神経の乱れが大きな原因となっています。屋内外の激しい温度差が自律神経をまいらせ、体調をくずす原因に。現代型の夏バテには、暑さ負けと自律神経の乱れの両方への対策が必要なのです。


夏バテ回復はバランスのよい食事から
炭水化物 : エネルギー源となりますので、毎食少量でも食べるようにしましょう。
たんぱく質 : 不足すると基礎体力が落ちてしまうため、脂肪の少ない肉や魚、豆腐など意識してとりましょう。
ビタミン・ミネラル : 体調を整えてくれます。冷房で冷えた体には、生でとるより加熱しましょう。夏バテ回復にとくに効果が高い栄養素がビタミンB1です。糖質をエネルギーに変える働きを助け、疲労回復に役立つビタミンB1は、豚肉、うなぎ、卵、枝豆などに多く含まれます。

適度な運動で汗をかきやすい体に
エアコンの風で冷え性になるOL汗をかいて体温調節がスムーズにできる体になるために、適度な運動を習慣づけましょう。冷房の効いた部屋に1日中いると、汗をかきにくい体になってしまいます。室内でできる腹筋やスクワット、ウオーキング、水中運動など汗ばむほどの運動がおすすめです。運動中に限らず、こまめな水分補給は夏バテ防止に欠かせません。普段は水でもお茶でも結構ですが、ミネラルを含む麦茶がとくにおすすめです。


十分な睡眠・休養で体力回復を
睡眠不足で目の下に隈ができる女性睡眠不足では疲れがとれず、夏バテも解消されません。冷房をつけっぱなしで寝ると体が冷え、体温を維持しようと寝ている間も体が働き続け、疲れてしまいます。室温を28度くらいの高めに設定したり、タイマーで寝入ったころ冷房が切れるようにしておくといいでしょう。

規則正しい生活で自律神経をメンテナンス
朝早く起きて日光を浴び、昼間活動して夜は早めに寝て、食事時間も一定にするといった規則正しい生活を取り戻し自律神経を整えましょう。冷房の効いた場所では上着をはおり、外では脱ぐというように、こまめに体温調節をするのも自律神経への負担を軽くするのに役立ちます。


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717