本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

気をつけよう高齢者の脱水症状について

老人が帽子を被る私たちの体の半分以上は<お水>です。
でも体内の水分量は、赤ちゃんが70%〜80%もあるのに比べ高齢者は約50%です。高齢者はもともと水分保持量が減っているため、ほんのちょっとしたことでも脱水を起こしやすい状態です。しかものどが渇かないなど、水分不足を認識する機能もおとろえているため、大変危険な状態です。


水の収入(補給)が減る 水の支出が増える
食事量の減少 ・ 飲料水を飲まない 発熱による発汗 ・ 下痢 ・ おう吐
下向き矢印
脱水状態

★人はじっとしていても呼吸や皮膚から1日に1Lの水分を失っています(不感蒸泄といいます)★


見て、さわって、チェックしましょう!
体温 高温はもちろん、微熱が続く時も脱水をうたがいましょう。
脇の下 脱水になるとかわいてきます。
爪の色 爪の先を軽く押したあと、すぐ(2秒以内)に赤みが戻らないときは水分(血液)が不足しています。

お婆さんが微熱脱水のときに必要なのは、塩分を含む<からだの水>の補給です
高熱による発汗や下痢などで、ひどい脱水症状を起こした時は水分補給がかかせませんが、補給する水分を選ぶことが大切です。体内の水は塩分(電解質)を含んでいるので、ただの水を補給すると薄まってしまいます。脱水を改善するには、脱水の原因を取り除くことはもちろん、失われた体内に近い飲料を補給することが望まれます。糖分と塩分をバランスよく含む水がすみやかに吸収されることは多くの研究で確認されています。


<簡単に作れる経口補水液>
女性が水を飲む水 : 砂糖 : 塩 = 1リットル : 大さじ4.5  : 小さじ0.5
お好みでレモン汁や果汁を加えるとカリウム(K)の補給もできます。

皆さんも是非作って下さいネ!

文責 梅井洋子


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717