本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

痛風(高尿酸血症)について

膝の痛み「プリン体」から作られる尿酸が血液中に異常に高く(高尿酸血症)なると結晶ができ、足の親指の付け根や膝の関節にたまって炎症を起こし、激しい痛みや腫れを起こします。 これが「痛風発作」と呼ばれるものです。

食事療法のポイント

1 肥満傾向の人は標準体重にしましょう。
体重が増加すると尿酸値の増加がみられます。肥っていて尿酸値の高い人は、過食に注意し減量を第一選択としましょう。ただしあまり急激に体重を減らすと、尿酸の産生が過剰となり尿酸値が上昇するので注意が必要です。

2 プリン体を多く含む食品の摂取は控えましょう。
プリン体はほとんどすべての食品に含まれます。プリン体は水に溶けるので、肉や魚からとったスープに多く含まれます。濃厚なとりがらスープやとんこつスープなどにも注意が必要です。

男性が牛乳を飲むプリン体の多い食品と少ない食品(mg/100g)
(総プリン体量:高尿酸血症・痛風のガイドライン 2002年版)

◎極めて多い(300mg〜)
鶏レバー、マイワシ干物、白子、あん肝、鰹節、煮干し、干し椎茸

◎多い(200〜300mg)
豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、エビ、アジ干物、さんま干物

◎少ない(50〜100mg)
ウナギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛肩バラ、牛タン、マトン、ハム、ベーコン、ツミレ、ほうれん草、カリフラワー

◎極めて少ない(〜50mg)
コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、ちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、ソーセージ、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、とうもろこし、いも類、米飯、パン、うどん、そば、野菜、海藻類                     

3 水分を十分にとりましょう 。
水分をとって尿量が増加すると、尿酸の排泄量が増加します。一日の尿量が2リットル以上になるよう水分を十分補給しましょう。特に就寝前の飲水は効果的です。普通の水・お茶・ウーロン茶などが適当でしょう。

野菜と果物4 野菜を十分にとりましょう。
尿は食事のとり方により酸性・アルカリ性が多少変化します。尿酸はアルカリ性〜中性によく溶けるので、野菜、いも類、海藻類などのアルカリ性食品を十分にとり、尿をアルカリ性に保つことが必要です。

5 アルコールは控えましょう。
アルコールをとりすぎると尿酸の排泄が悪くなり、尿酸値を上昇させます。ビールはプリン体を多く含んでいるので注意が必要です。アルコールの摂取は原則禁止です。医師の許可があった場合でも一日200kcal程度ビール  なら中びん1本、日本酒なら一合、ウイスキーならダブル1杯までとして、連日の飲酒はやめましょう。

バランスの良い食事6 一日の食事は3食規則正しくとり、栄養のバランスが偏らないようにしましょう。
毎食、主食・主菜・副菜を組み合わせてとり、バランスを保ちましょう。

7 食塩の多い食品は控えましょう。

参考 東京都立病院栄養科「食事療法のすすめかた」参照


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717