本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドロームにご用心!
体重計が怖いイラスト内臓脂肪をためない賢い食生活
メタボリックシンドロームから遠ざかるには、内臓脂肪の解消が不可欠。
そのためには、毎日の食事が重要になります。
大切なのは、栄養のバランスを崩さず、摂取エネルギーを上手に減らすこと。
ちょっとした工夫で無理なくできる、「太りにくい食生活」の知恵をご紹介します。


女性のデザートを食べるイラスト年齢に合った食事の量と栄養バランスとは・・・
肥満の一番の原因は、エネルギーの摂りすぎ。
体が使うエネルギー量よりも、食事で摂るエネルギー量が多いためです。
そこで、お腹まわりが気になる人は、まず食事の全体量を1割減らすことから始めましょう。ゆっくりとよく噛んで食べると、満腹感が得られ、お茶碗やお皿を小ぶりにすると、自然に量も抑えられます。


おいしくてヘルシーな食材使い&調理法

ビタミンAからE毎日5色のヘルシー食材を!

○緑
ホウレンソウ・ブロッコリー・グリーンアスパラガス・ニラ・青じそなど
○赤
トマト・人参・赤ピーマン・赤トウガラシ・小豆など
○黄
カボチャ・ズッキーニ・トウモロコシ・れんこんなど
○白
大根・カリフラワー・セロリ・かぶなど
○黒
しいたけ・なす・ごま・ひじき・ごぼう・昆布など


健康で太りにくい体質を作るためには、食材にもひと工夫

いろいろな食材たんぱく質は魚や植物性の大豆などを中心にして、肉なら赤身や鶏肉に、代謝を活発にするビタミン・ミネラル類は、野菜やきのこ、海藻類などからまんべんなく取り入れるなど、栄養素の摂り方も考慮したいものです。
ビタミン・ミネラルは種類が多いのですが、「毎日5色の食材」(上記)を摂るようにすれば、自然にバランスが整い、さまざまな食品に含まれる抗酸化成分による健康作用も期待できます。
そして、毎日の献立作りでは、調理法や味付けも大切な要素です。例えば、肉料理でもホイル焼き、網焼き、茹でる、蒸すなどの調理法なら油を使わずヘルシー。
また、濃い味付けは、食欲を刺激し食べすぎに繋がるので、昆布やカツオ節などのだし、生姜、にんにくなどの香味、レモン、酢などの酸味を上手に使い分けましょう。
また、同じ脂質でも、オリーブオイルや青背魚は体脂肪の燃焼を助けるので、適度に摂りましょう。
なお、食事は質・量だけでなく、食べ方も重要。
朝食を抜くと、体が飢餓状態になるので脂肪をため込みやすく、夜寝る前の食事もエネルギーが消費されずに脂肪に合成されてしまいます。
また、早食いは満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまうので、ぜひ見直しましょう。

<参考:SUNTORY 美感遊創>


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717