本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

「良い姿勢は、若さと健康の源!」について

女性の姿勢のイラスト私たちの姿勢は、骨を主体とした骨格と、周囲の筋肉によってつくられています。
よい姿勢とは、背骨を軸に、全身の前後左右のバランスが均等にとれている状態です。
しかし、日常の暮らしでは、無意識のうちに悪い姿勢や不自然な姿勢をとっていることが少なくありません。そして、そうした生活を続けていると、体の一部に無意識な負担がかかり、骨格や筋肉にさまざまなゆがみが生じてきます。

こんな姿勢になってきたら要注意!
◎首が前に傾く 首の筋肉の血行が滞る ⇒ 頭痛・肩こり
◎猫背になる 背骨に強い圧力がかかる・背骨を支える骨盤に負担 ⇒ 腰痛
◎おなかが出てくる 腹筋が弱くなる・内臓が圧迫 ⇒ 腸の働きが低下
◎ひざが曲がり気味 関節の弾力性が低下 ⇒ ひざ痛


その結果・・・
疲れやすくなるので身体活動量が減り、肥満になるおそれがあります。さらに生活習慣病にもなりかねません。


よい姿勢をつくるポイントは「腹筋」
女性の腹筋のイラスト全身を支える骨格の中で、その中心となるのが「背骨」です。
背骨には上半身を体の後ろで支えるという重要な役割があります。
そして、前から上半身を支えているのが、実は「腹筋」。
背骨と腹筋は、姿勢を安定させる“二本柱の関係”にあるといえるでしょう。上半身が安定したよい姿勢をつくるには、意識して腹筋を働かせることがポイント!腹筋の筋力柔軟性を高めることで背骨への負担はかなり軽減されます。


ヘルスメーターでドッキリのイラスト食生活では、栄養バランスに気をつけ、肥満にならないよう過食に注意しましょう。
栄養素では、特に筋肉や骨の形成に必要なたんぱく質、カルシウムなどのミネラル、ビタミン類をしっかり摂りましょう。


参考資料:おとなの姿勢入門(山海堂)


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717