本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

尿路結石について

排尿痛・尿は腎臓でつくられ、尿管を通って膀胱に溜まり、尿道を経て体外に排出されます。
この尿の通り道を「尿路」と言い、そこに結石が詰まって尿の流れを妨げる病気を「尿路結石」と言います。2対1以上の割合で男性に多い病気です。そしてできる部位によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼称がかわります。
・「尿路結石」の痛みは、初めは結石がある側の脇腹に起こります。その後、背中や大腿部にまで広がります。痛みは2、3時間続きますが、その間は数分おきに痛みが強くなるというように、痛みの強弱に波があるのが特徴です。


●治療には、水分を多めにとり、自然排出を促す
薬服用・「尿路結石」が疑われる場合、まず鎮痛剤で痛みを抑え、エックス線撮影や超音波検査で結石の位置や大きさを調べます。結石が8ミリメートル以下で尿が流れているようであれば、水分を多めにとり、利尿薬や尿管を広げる薬などを服用し、自然に排出されるのを待ちます。自然排出を促すために、積極的に体を動かすことも大切です。
・結石が大きい場合には、体外から結石に衝撃波を当てて結石を砕き、尿とともに排出させます。


●「尿路結石」の予防には
尿路結石のため腰痛結石は、尿中の成分が結晶化してできるものです。したがって、体の水分が不足したり、疲労などで尿が濃くなると、結石ができやすくなります。また尿意をがまんするのもよくありません。水分を多めにとり、尿の量を増やすようにしましょう。日頃から「食後にお茶を一杯よけいに飲む」ことを心がけましょう。
「尿路結石」ができた人の約半数は、10年以内に再発していると言われています。一度「尿路結石」になった人は特に注意して、水分の補強や疲労予防に努めましょう。


文責 北川啓子


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717