本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

ビタミン&ミネラルについて

人の体に必要な栄養素はおよそ30種類ありますが、次のように分類されます。
5大栄養素-----3大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)ビタミン、ミネラル
外食の多い人は、ビタミンやミネラルが足りないので3大栄養素を効率よく利用できません。また一方ビタミン剤やサプリメントばかり飲んでいる人は、3大栄養素をきちんと摂っていないと、無駄になってしまいます。


★車に例えると、ガソリンに当たる3大栄養素をいくら摂ってもエンジンオイルであるビタミン、ミネラルが無かったら車は走りません。
★ビタミンとミネラルの違い
 ビタミン … 動植物が体内で作り出した有機化合物
 ミネラル … 土壌や水の中に存在する無機物
人間はビタミンやミネラルを体内で作り出すことはできないので肉や魚、野菜などを食べて体内に取り入れなければなりません。
★水溶性ビタミンは摂り過ぎても尿に出てしまいますが、脂溶性ビタミンは、蓄積しますので摂りすぎに注意?


ビタミン&ミネラル の 主な働き・多く含まれている食品

水溶性ビタミン

ビタミンB1ビタミンB1
 糖質の分解を助けて脳などのエネルギーを作り出します
 豚ロース肉、玄米、大豆、ゴマ
 糠みそ漬けにするとぐんとビタミンB1が増えます


ビタミンB2ビタミンB2
 脂肪を効率よく燃焼させます髪や皮膚を美しく保ちます
 納豆、牛・豚レバー、鶏卵、干ししいたけ
 体の成長に欠かせません。妊婦や子どもは積極的に摂りましょう。


ビタミンB6ビタミンB6
 タンパク質の代謝を助けます
 バナナ、青魚(イワシ、サンマ)、鶏むね肉
 月経前症候群(頭痛、うつ)、つわりの改善に有効


ビタミンB12ビタミンB12
 赤血球の生成を助ける。中枢神経や末梢神経の障害を予防
 牛・豚・鶏レバー、青魚、アサリ、しじみ、牡蠣
 胃を切除した人、高齢の人で胃液が少なくなると欠乏します。


ナイアシンナイアシン
 アルコールを分解する酵素に必要
 玄米、豚ロース肉、牛豚レバー、落花生、たらこ
 愛飲家は注意しましょう。


パントテン酸パントテン酸
 糖質、脂質、タンパク質の代謝に関与。髪・肌を美しく
 鶏卵、納豆、牛・鶏レバー、落花生、
 卵黄は卵白の24倍も多く含みます。調理による損失が少ない。


葉酸葉酸
 細胞分裂(胎児の脳・神経の成長助成)。赤血球の形成に役立つ
 牛・豚・鶏レバー、海苔、ブロッコリー、キャベツ
 ほうれん草から見つかったので葉酸と命名されました。


ビオチンビオチン
 体内でブドウ糖のリサイクルに協力。皮膚の健康に関与
 大豆、くるみ、牛・豚レバー
 生卵はビオチンを減らすので注意。白髪、抜け毛に効果有り。


ビタミンCビタミンC
 コラーゲンの生成促進。風邪予防など免疫力。美容効果
 レモン、じゃがいも、ピーマン、アセロラ果汁
 水と熱に弱いので調理方法を工夫(電子レンジ活用)


脂溶性ビタミン

ビタミンAビタミンA
 目・粘膜・肌を健康に保つ
 うなぎの蒲焼、にんじん
 過剰摂取に注意《頭痛、めまい》


ビタミンDビタミンD
 骨や歯の発育に関与
 まぐろ、かつお、干ししいたけ、めざし
 ビタミンDは紫外線によって生成され、活用される。


ビタミンEビタミンE
 体の酸化を止めて老いを防ぐ。
 毛細血管の血行促進
 落花生、アーモンド、ほうれん草、ひまわり油
 乳製品と一緒に摂ると吸収率がアップします。


ビタミンKビタミンK
 血液の凝固に関与し、止血に役立ちます
 ブロッコリー、ほうれん草、納豆、わかめ
 母乳栄養児に起きるビタミンK欠乏症に注意


ミネラル

カルシウムカルシウム
 骨や歯の発育に効果があります
 牛乳、チーズ、煮干、ごま、ひじき、木綿豆腐
 マグネシウムと一緒に摂ると良い《ココア牛乳》


マグネシウムマグネシウム
 カルシウムとバランスをとりながら心の平静を保ちます
 アーモンド、ごま、ひじき、バナナ
 アルコールを多く飲む人は尿に出るので注意


鉄
 体内や脳に酸素を運搬する赤血球中のヘモグロビンの構成要素となります
 牛・豚・鶏レバー、海苔、ひじき、あさり、しじみ、
 ビタミンCと一緒に摂ると、吸収が良くなります。


亜鉛亜鉛
 細胞分裂や酵素の活性化を助けます。味覚や性機能を正常に保ちます
 牡蠣、豚レバー、うなぎ、アーモンド
 亜鉛が不足して一番はじめに出る症状は味覚障害です


文責 伊勢森教子


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717