本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

乾燥肌について

乾燥肌の女性の顔寒くなってくると、肌が乾燥してきます。はじめは皮膚の表面に白い粉がふいたようになり、皮膚の一部がポロポロとはがれ落ちることがあります。さらに乾燥すると皮膚に亀裂が入ります。この過程で強いかゆみを伴うことも多くあります。また、乾燥によりバリア機能が低下しているところに洗剤、摩擦などの刺激が加わると悪化します。皮膚の亀裂から刺激物質や細菌が侵入して炎症を起こしてしまうこともあります。


原因としては・・・
 角質層の絵空気の乾燥・加齢による変化・まちがったスキンケア・寒さによる皮膚の血流量の低下などが考えられます。


対策は・・・
・肌着はやわらかい綿素材のものをえらびましょう。
 →皮膚への刺激を少なくすることで、乾燥肌の痒みや悪化を防ぎます。
保湿剤を塗る女性・体を洗うときは硬いものでゴシゴシ洗わない。
 →石鹸をあわだて、手やガーゼでやさしく洗う。(角質層を削ったり必要な皮脂をとってしまわないように!)
・保湿成分の入った入浴剤を使用してみる。
 →浴室がすべりやすくなるので気をつけてください。
・入浴後まだ皮膚が潤っているあいだに、カサつきやすい部分に保湿剤を塗ると効果的です。
・バランスのよい食事をこころがけましょう。
 →ビタミンA、B2、B6、ニコチン酸などは皮膚を健やかに保つために働きます。
・適度な運動をしましょう。
 →血行がよくなることや、軽い発汗による効果が期待できます。


ハンドクリームを塗る絵

かゆみが強くなったり、乾燥部位に湿疹が出たりしたら、必ず皮膚科の先生に診ていただきましょう。


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717