本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

骨粗鬆症について

骨粗鬆症の骨血液中のカルシウムが不足すると、骨の中のカルシウムが取り出されて使われます。そうして骨の密度が減少し、骨がスカスカになってしまうのが骨粗しょう症です。骨は30代以降、少しずつ減少すると言われているので、若いうちからカルシウムの貯金をすることが大切です。


○なりやすい原因
現在または若い頃の運動不足(適度な運動をつづけましょう)
やせている方、胃腸が悪い方
急激なダイエットや栄養の偏りなどでのカルシウム不足
閉経に伴う女性ホルモンの分泌減少
ビタミンD不足(日光にあたると体内でビタミンDは作られる)


腕の骨の絵○予防するには
カルシウムの多い食品を一度にたくさん食べても、吸収出来る量は限られているので、コツコツとカルシウムを取って下さい。カルシウムの吸収をよくするためには、ビタミンDやたんぱく質なども含まれた食品と組み合わせるといいのです。カルシウムだけじゃなく栄養のバランスが大切です。


○賢い食事を取りましょう
元気な骨の絵1カルシウムを十分に!
 骨の材料のなるカルシウムを十分にとることが大切
2ビタミンDをとる
 ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けます
 魚介類、きのこ類、卵に多く含まれます
3たんぱく質は適量を!
 タンパク質のとりすぎは、カルシウムの利用を悪くするので注意
4塩分のとりすぎに注意!
 塩分を取りすぎると、カルシウムの利用が悪くなります
5リン、マグネシウムも必要
 リンは穀類や肉類に、マグネシウムは、はばひろい食品に含まれています
6アルコールは控えめに!
7喫煙に注意
 喫煙はカルシウムの吸収を悪くします

カルシウムは、成人で1日約600mg必要

男性子供と牛乳の絵参考までに(カルシウム量)
牛乳 200gあたり(200mg)
プロセスチーズ 30gあたり(330mg)
木綿豆腐 100gあたり(120mg)
こまつ菜 50gあたり(145mg)


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717