本文へスキップ

あなたの町のおくすり屋さん。株式会社 完誠堂です。

営業本部TEL.078-436-7001

〒658-0072 神戸市東灘区岡本2丁目15-3

病気と薬Disease & medicine

生活習慣改善(尿酸値)のポイントについて

痛風の痛み尿酸値が高い状態が続くと、
今症状が出ていなくても痛風や腎障害など様々な合併症を招きます。
まずは、生活習慣を見直すことから始めましょう。


1.食事の量を抑えて、体重を減らしましょう。
 @いろんなものを少しずつ食べて、適正カロリーを守りましょう。
   適正カロリー=標準体重x25〜30kcal
 Aプリン体のとりすぎに注意しましょう。プリン体の多いものは「たまに」「少し」。
   プリン体の極めて多いもの:鶏レバー、マイワシ干物、あん肝
   プリン体の多いもの:豚レバー、牛レバー、牛ヒレ肉、カツオ、マイワシ、
             大正エビ、マアジ干物、サンマ干物
 Bアルカリ性食品を積極的にとりましょう。
   尿酸値が高いと尿が酸性になり尿酸が溶けにくくなり、
   尿路結石ができやすくなります。
   野菜・海草・牛乳などのアルカリ性食品を積極的にとりましょう。
   尿をアルカリ化する食品:わかめ、こんぶ、干しいたけ、大豆、ほうれん草、
               ごぼう、にんじん、キャベツ、大根、かぶ、なす、
               サツマイモ、里芋、じゃがいも等


2.アルコールを減らしましょう。
 アルコールそのものが尿酸値を上げる原因になります。
 プリン体の少ないお酒を選んでも、たくさん飲めば同じです。
 なるべくお酒は控えましょう。


3.水分を十分とりましょう。(尿量が増えれば尿酸が体外に出やすくなります。) 
 水を多飲する少年1日2Lを目安に水やお茶で、こまめに水分補給をしてください。
 ただし、医師から水分制限の指示が出ている方は医師の指示に従ってください。


4.適度な有酸素運動をしましょう。(やりすぎは禁物)
ウォーキングする女性 ウォーキングのような軽い有酸素運動を継続して行なうのが効果的です。
 10分くらいの早歩きから始めてみてはいかがでしょう。
 激しい運動は、エネルギーの燃えカスである尿酸を増やしてしまうので逆効果です。


5.ストレスを上手に発散しましょう。
 暴飲暴食などでストレス解消すれば、尿酸値を上げてしまい、逆効果ですね。
 のんびりとリラックスできる、体に優しい自分なりの解消法を見つけてください。


かかりつけ医師と相談しながら、できることから始めてください。


資料提供:帝人ファーマ(株)  文責 伊藤いづみ


Kanseido Co.,Ltd.株式会社 完誠堂

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2丁目15-3
TEL 078-436-7001
FAX 078-436-7717